スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

涅槃会(ねはんえ) だんごまき

今日3月1日より涅槃会(ねはんえ)がはじまりました。
涅槃会とは、お釈迦様のご命日のご供養の法要のことです。

お釈迦様は旧暦の2月15日にお亡くなりになられたと伝えられていて、そのことを偲び1日から15日までの間、毎日ご供養のお経をお勤めします。
※当寺では新暦に直し、3月1日から15日までを涅槃会としています。

RIMG0003_convert_20170301101020.jpg

お釈迦様が亡くなられたときの様子が描かれた涅槃図(ねはんず)という掛け軸を掛け、毎日お経を上げます。

RIMG0002_convert_20170301101045.jpg

涅槃図には、人や動物だけでなく、天女など一切の衆生が集い、お釈迦様がお亡くなりになることを嘆き悲しんだという様子が描かれています。

RIMG0001_convert_20170301101111.jpg

そして、3月5日の日曜日には、涅槃会のだんごまきが行われます。

お釈迦様のお徳を偲んでお骨を皆が持ち帰ったという古事(諸説あるようです)にちなみ、巻かれた団子を拾う行事です。

この団子を食べると一年間健康でいられると言われています。

お隣の真宗寺様で午後1時から始まり、終わって午後1時半より当寺のだんごまきが始まります。

ぜひご家族やお友達などみんなでお出かけ下さい。

お釈迦様にお参りし、そしてたくさん団子を拾っていただきたいと思っています。お待ちしています。

今年もよろしくお願い致します。

皆さまあけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。

実は新年の御祈祷の様子をこちらのブログに上げようと思っていたのですが、何故かデジカメの写真がパソコンに落とせず、今まで更新できませんでした。すみません。
そしてまだ解決していないので写真は載せられませんが、一先ず皆さんに新年の御挨拶だけさせていただきました。

パソコンに疎くてダメですね。早く問題解決できるよう頑張ります。

今年が皆さんにとってより良い一年となります様、御祈念申し上げ、新年の御挨拶とさせていただきます。

新年のご祈祷と初雪

今年もあと二十日ちょっととなりました。一年はあっという間ですね。

ということで、新年の御祈祷のご案内です。

妙高寺では来る2017年が皆様にとって良き年となりますよう、元旦午前0時より本尊 愛染明王の御開帳及び新春御祈祷を行います。
RIMG0018_convert_20160608104003_201612071239254b5.jpg
(こちらは6月大般若法要での御開帳の様子です)

午前0時に愛染明王様が御開帳され、御祈祷のお経が上がり、そこから3日午後4時まで御開帳、ご参拝頂けます。
(防犯上、元旦午前2時~日の出まで、1日2日の日没~日の出までは鍵をかけさせて頂きます。)

そしてこれに際し、御祈祷の受付をしております。
御祈祷料 一口 大札 1万円以上、並札3千5百円以上となっております。(下にお札の写真を載せました) 
家内安全、交通安全、商売繁盛、縁結び、合格祈願、厄除け開運 などの御祈祷を受け付けております。
ちなみに厄年は
男性が平成5年(25歳)、昭和51年(42歳)、昭和32年(61歳)生まれ
女性が平成11年(19歳)、昭和60年(33歳)、昭和32年(61歳)生まれ
が厄年といわれています。
(それぞれの前後の年が前厄、後厄となります。)

お申し込みやご不明な点等ありましたらお気軽に電話にてお問い合わせ下さい。
妙高寺 ℡ 0258-89-2529

多くの方のお参りをお待ちしております。

右が大札、左が並札です。
RIMG0007_convert_20161207114406.jpg




それと今日はもう一つ。
ついに初雪が降りましたので、少し庭の写真を撮ってきました。

RIMG0001_convert_20161207114452.jpg

RIMG0003_convert_20161207114540.jpg

庭の木もすっかり囲いをまとい、冬支度です。

20161207yuki.jpg

20161207yuki2.jpg

今朝は冷え込み、ついに初雪が積もりました。
でも今日はいいお天気になってきたので、ほとんど消えそうですね。

冬雪が積もると庭は完全に封鎖されてしまいます。

囲いされてはいますが庭をご覧いただける期間もあとわずかとなりました。
少し雪の積もった庭もまた雰囲気があってきれいですので、ぜひお参りください。

坐禅会と紅葉

11月7日の月曜日、当寺で一日坐禅会が行われました。

これは長岡を中心に小千谷や見附の曹洞宗の若い僧侶で構成された長生(ちょうせい)青年会主催の坐禅会です(副住職やお隣の真宗寺様も所属、住職も若い頃所属していました)。

当日は13名の方からご参加いただき、一日一緒に坐禅に勤しみました。

RIMG0003_convert_20161110150555.jpg

まずは開講諷経のお経です。

RIMG0007_convert_20161110150632.jpg

終わって住職の挨拶です。初めての方も多かったのでお寺や本尊の愛染明王様についてのお話がありました。

RIMG0011_convert_20161110150702.jpg

坐禅の始まりです。坐禅自体初めての方もいましたが最後までしっかりと座っていました。

RIMG0008_convert_20161110150726.jpg

お昼は精進料理です。

RIMG0013_convert_20161110150744.jpg

午後も坐禅に励みます。

RIMG0009_convert_20161110150802.jpg

少し休憩です。参加者と会員みんな一緒にお茶を飲みながらリラックスして話が弾みました。

RIMG0015_convert_20161110150822.jpg

暗くなるまで坐禅三昧の一日でした。

曹洞宗の坐禅は何も求めずに、ただ姿勢を調え、呼吸を調え、そして心を調え座ります。
その中で心が落ち着いたり、忙しい毎日にフッと一息つける、そんな時間を過ごしていただけると思います。

興味のある方は当寺でも結構ですし、お近くの曹洞宗寺院でもご案内してくれると思いますので、ぜひ坐禅を体験してみて下さい。


それと今回はもう一つ、紅葉のお知らせです。

紅葉がちょうどいい時期となりました。ここ一週間くらいが見頃かと思います。
少し写真を撮ってみました。

RIMG0016_convert_20161110150838.jpg

RIMG0018_convert_20161110150855.jpg

RIMG0020_convert_20161110150912.jpg

今週末はお天気もいい様ですので、ぜひ紅葉を見においでいただければと思います。

10月15日 開山忌・先祖供養法要

先週の土曜日、10月15日に当寺の秋の法要、開山忌と先祖供養の法要が執り行われました。

開山忌とは、当寺を開かれた開山 果翁良珊(かおうりょうさん)大和尚さまと曹洞宗の両祖さま 道元(どうげん)禅師さまと瑩山(けいざん)禅師さまのご供養の法要です。
また先祖供養とは、各家のご先祖様や亡き大切な方々のご供養の法要です。

RIMG0023_convert_20161019111758.jpg

開山忌の法要です。開山さまと両祖さまへ心を込め、お拝がなされます。

RIMG0036_convert_20161019111850.jpg

住職がご挨拶。この日の法要についてや、説教師様のご紹介がありました。

RIMG0044_convert_20161019111920.jpg

開山忌と先祖供養の法要の間はお説教です。
この日は長岡市川口 相川の長昌寺ご住職 槙道雄老師よりお話しいただきました。

RIMG0051_convert_20161019112037.jpg

先祖供養法要の様子です。

RIMG0058_convert_20161019112103.jpg

お集まりいただきました大勢のご寺院様方と共に、各家の先祖様や大切な方のご供養のお経が上げられました。

RIMG0059_convert_20161019112124.j<br />pg

本堂を円になり歩きながら、お勤めいたします。

RIMG0067_convert_20161019112223.jpg

お焼香の様子です。

RIMG0068_convert_20161019112241.jpg

ご先祖様や亡き人を想い、心を込めてお焼香されていました。


当日は秋晴れのとても心地よい日となりました。
たくさんのお参りをいただき、無事法要を勤めることができました。

これで今年の妙高寺の大きな行事は無事すべて終えることができました。皆さんありがとうございました。

これから庭のもみじが色づいてきますので、是非多くの方からお参りをお待ちしております。

10月末~11月初旬頃が見頃でしょうか。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。