涅槃会(ねはんえ)とだんごまき

三月に入りお寺では涅槃会(ねはんえ)が始まりました。

お釈迦様が涅槃に入られた(亡くなられた)日が旧暦の2月15日だと伝えられております。
お寺では現在の暦で3月15日を御命日とし、本日3月1日より毎日ご供養のお勤めを致します。
これを涅槃会と言います。

またそのお釈迦様が亡くなられたときの古事にちなみ、お寺では「だんごまき」という行事が行われます。
今年は3月6日の日曜日 午後1時30分からです。

010_convert_20160301085132.jpg

涅槃図というお釈迦様が亡くなられたときが描かれた掛け軸を掲げ、お経を上げます。

011_convert_20160301085159.jpg

お釈迦様が亡くなられたことを知り、多くの人や動物など生きとし生けるものが集い悲しむ様子が描かれています。

お釈迦様の御徳にあやかろうと集まった人や生き物たちがお釈迦様のお骨を持ち帰ったというお話にちなみ、だんごまきが行われます。

001_convert_20160301085419.jpg

だんごまきは3月6日 午後1時30分~ (お隣の真宗寺様が午後1時~です)

拾っただんごを食べると今年一年健康でいられると言われています。

皆さんぜひだんごを拾いにおいで下さい。楽しいですよ!