スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3月11日

 3月11日はお寺の涅槃会だんごまきが行われましたが、この日はあの東日本大震災から7年経ったという日でした。

 お寺では、だんごまきの前に皆で手を合わせ、亡くなられた方のご冥福と今もまだ戦っている、苦しんでおられる方が早く笑顔になれますようにとお祈りしました。

 新聞やテレビをみると改めて、まだまだ大変なことが沢山あり、苦しんでいる方が沢山いるということを実感します。
 私たちができることは何なのか?とその都度考えます。
実際現場で活動している方もいれば、募金などの形で遠くからできることをする方、また何かしたいと思いながら何もできないでいる方もいると思います。

 私は、大切なことはまずみんなが忘れないということだと思っています。忘れず、今も苦しんでいる方、戦っている方のことを想う、想いを寄せることは誰もができることだと思います。
 その深い悲しみや苦しみを理解することはできないかもしれません。でもその苦しみに少しでも寄り添いたい、そして自分にできることがあればしたい、と想い続けることはできます。 
そうやって想い続けていれば、自分に何かできる機会が来た時に迷わず行動できると思います。

 様々な都合で何かしたいけど何もできていない、という方もたくさんいると思います。でもその想いを無くさずにいればきっと自分にも何かできるときがやってくると思います。

来月、岩手県の沿岸部へ行く機会をいただきました。
自分にはそんなに大きなことはできません。でも小さなことでもなんでも、何かできることがあればという想いを持って、行ってきたいと思います。
スポンサーサイト

涅槃会(ねはんえ) だんごまき

3月11日の日曜日、涅槃会のだんごまきが行われました。

涅槃会とは、お釈迦様のご命日のご供養のお勤めです。

お釈迦様がお亡くなりになられた際、多くの人や動物、神様や鬼までもがその場に集まり皆で嘆き悲しんだと言われています。
そして、お釈迦様の御遺徳を偲び、お骨を集まった者で少しずつ持ち帰ったという故事にちなみ、だんごをまき、お参りの方はそれを拾って帰ります。
このだんごを食べると一年健康に過ごせると言われています。

RIMG0341_convert_20180312090204.jpg

まずは午前中、寺内一同で涅槃会のお経を上げました。

RIMG0354_convert_20180312102440.jpg

午後からお参りの方が集まり、だんごまきの始まりです。

RIMG0355_convert_20180312102505.jpg

皆さん撒かれるだんごを一生懸命拾います。

RIMG0363_convert_20180312102618.jpg

いっぱい拾えたかな?

RIMG0366_convert_20180312102745.jpg

今年も笑顔で楽しくだんごまきを終えることができました。

このだんごを食べてまた一年を健康にお過ごしください!

来たことのない方、興味のある方は、毎年3月の第一、もしくは第二日曜日に行っていますのでお問い合わせ下さい。

衆議院議員の泉田さんが参拝に来られました。

先週の土曜日、いつもお参りいただいている書道家の石丸雨虹さんとご一緒に、衆議院議員の泉田裕彦さんが参拝に来られました。

20180224_123821縲€髮ィ陌ケ蜈育函縲∵ウ臥伐縺輔s_convert_20180301094200

とても気さくな方で、様々なお話しをさせていただきました。
ぜひまたご参拝下さい。

今年は雪が多く、まだまだ庭は開きませんが、玄関から入ってお参りはしていただけますので、是非お立ち寄り下さい。


新潟日報掲載と御開帳

昨日は月に一度の愛染明王様御開帳の日でした。(毎月26日)

前日の10月25日の新潟日報に愛染様の記事が掲載されたこともあり、多くの方からご参拝いただきました。
(まだの方は新潟日報ぜひご覧下さい。)

IMG_1345_convert_20171027151924.jpg

昨日は愛染明王様の御開帳に合わせ、新潟県石仏の会の皆さんが団体でお参りに来られました。

IMG_1346_convert_20171027152006.jpg

住職が愛染様や当寺についてお話させていただきました。

IMG_1347_convert_20171027152034.jpg

秋晴れの心地よい一日でした。

IMG_1350_convert_20171027152206.jpg

今年は当寺の紅葉は少し遅く、まだあまり色づいていません。

再来週くらいが見頃かなと予想しています。

ぜひ紅葉を見にお出かけ下さい。

10月15日 開山忌・先祖供養法要

10月15日の日曜日、当寺の恒例行事 開山忌・先祖供養法要が行われました。

開山忌とは、曹洞宗の両本山である福井の永平寺と横浜は鶴見の總持寺をお開きになられた道元禅師様と瑩山禅師様、そして当寺 妙高寺をお開きになられた果翁良珊大和尚様のお三方のご供養の法要です。

まず開山忌法要が執り行われ、その後お説教、そして檀家各家先祖代々、また亡き大切な方々のご供養の法要が執り行われました。



image21015_convert_20171017095513.jpeg

当日は合わせて12名の御寺院様からお集まりいただき、共にお勤めいただきました。

image2_(2)_convert_20171017095554.jpeg

雨模様で冷え込む中、多くの方からお参りをいただきました。

image1_convert_20171017095629.jpeg

今回は、十日町市 慈眼寺の齋藤俊信副住職様からお越しいただき、お説教をいただきました。

image11015_convert_20171017095706.jpeg

お参りの方お一人お一人、丁寧にお参り、お焼香をいただきました。

これで今年の当寺の行事も無事にすべてを終えることができました。
お力添えいただきました皆様に心から感謝申し上げます。

日ごとに寒くなり、冬が近づいてきました。皆様くれぐれも体調にはお気を付けてお過ごしいただきたいと思います。

また当寺はこれから紅葉の季節となります。
10月の終わりから11月初め頃が例年見頃となりますので、きれいに色づく木々を見にぜひお出かけ下さい。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。